ライブ後記 – 「恋に聴くjazz in TOKYO TOWER (club333)」ご来場ありがとうございました!

ボンソワ、ぺぺです。昨日は天空のライブステージにお越しいただき、ありがとうございました。雨の東京タワーは一段と幻想的で、まるで映画の中にいる気分でした。海外からのお客様も多くて、ぺぺはネオトウキョウな気分で歌わせていただきました。

ラストソングには、自身の初オリジナル曲「In The Town Of Mystery」をお届けしました。この楽曲は、ナルト・セーラームーン・プリキュアなど世界中でアニメ音楽ファンを魅了され続けている高梨康治さんに作曲をしていただいた曲で、初めて自身で作詞にも挑戦させていただいた楽曲。

この楽曲に作詞をした時は4年前でしたが、私自身、大事な人が死んでしまうかもしれないという経験をした時に詩を書きました。

「命が有る限り、誰かを愛し愛される為に私たちは生まれたと思います。だから、誰しもが愛し愛される事を諦めないで」というメッセージを込めて書きました。

聴いてくださった感想など、頂けますと嬉しいです!来年はオフィシャルにできる様に頑張って動きます。

ご縁をいただいた皆様にご協力頂きながら、音楽人生という階段を一段一段歩み続けることができ、ついに大展望台へ到着できました。

自分の音楽の中で一番大事にしている「非現実/映画のような世界」を、TOKYO TOWERの上で表現できました。皆さま、本当にありがとうございました。

RIKAPEPE

広告
タグ: