作者別: RIKAPEPE

RIKAPEPE(リカペペ) ジャズ歌手/文筆家。 カワイイが正義である現代に於いて忘れられがちな『色気』を再考し、往年女優が映画の中で歌い演じていた歌唱スタイルを現在の感覚で表現している。 ジャズに魅せられたのは、音楽性というよりもスタンダードソングの歌詞と自身の恋愛観とシンクロニシティから。そこに若者が流行歌を歌うのとなんら変わらない意味を見つけ、ジャズを歌い始める。 また音楽に加え、大学で学んだ女性の生き方と共に変容する服飾史や、自己の恋愛遍歴を活かしたユニークな執筆活動もおこなう。 現在は、自己のバンド、宣伝音楽のレコーディング、講談社 FORZA STYLEにて連載『悪用禁止!媚薬JAZZの聴かせ方』の執筆、オーダーメイドスーツブランド「SUITBAR」と協力した衣装デザインなど多岐に渡る活動を展開している。
続きを読む

LIVE – 2015/11/10 “NOWHERE”

そこは、【NOWHWRE】
ここは、何処にも実在しない、何処でもない場所。

一歩お店の中に足を踏み入れると、そこは1920年代のキャバレーへタイムスリップしたみたいに。真っ赤な口紅をつけたシンガーが豪華なジャズトリオを従え歌い、手足がすらっと美しい女性がシャンパンカクテルをすすめてくる。ここへ訪れる誰もが、非現実な世界を求め足を踏み入れるのです。夢のような世界でお待ちしております。

JAZZ読書



JAZZといえば古典音楽だとか、難しそうで取っ付きにくいとか。勝手に敷居を高くされちゃいますが、意外とそうでもないのですよ。スターバックスに入るとだいたいBGMで流れているし、蕎麦屋や居酒屋でも(笑)村上春樹さんの小説にもしょっちゅう出てくるでしょ?そんな感じで、日本人には馴染みのある音楽な筈。